薬学系研究科学位論文目録(2011-2012年度)

薬学系研究科学位論文は4階閉架書庫にあります。ご利用の際は2階カウンターでお申込みください。
なお、UTokyo Repositoryにて公開されているものは、原則としてリポジトリのPDFファイルで閲覧してください。
▼学位論文の出納は9:00-12:00,12:45-16:30です。(1回の出納は3点まで)
▼貸出はできません。ご利用は閲覧室内でお願いします。

leaf2011年度-2012年度

学位
授与日
図書館
整理番号
著者論題
2011/04/132891前田恭宏リンパ球循環および樹状細胞の遊走能におけるスフィンゴシン1-リン酸の役割
2011/04/132892石川誠不安障害治療薬を目指した新規ヒスタミンH3受容体アゴニストの探索研究
2011/04/132893後藤祐輔IKKシグナルの活性化メカニズム解明と創薬への応用研究
2011/04/132894若松愛ヒトmRNAのスプライシングによる多様性の解析とその遺伝子機能に及ぼす影響に関する研究
2011/04/132895下川淳スルホニル基の特性を活用した新規ジアゾ酢酸エステル及びオキシム合成法の開発
2011/05/112896岩田光貴チオアミドの触媒的不斉ダイレクトアルドール反応の開発
2011/05/112897松本洋太郎理論計算支援によるアート錯体のデザインと反応設計
2011/07/132898宮本泰史ジペプチジルペプチダーゼⅣ(DPP-4)阻害活性を有するピリジン誘導体の創製
2011/07/132899伊藤愛5位置換トロポロンの化学
2011/09/142900吉冨智美スギ花粉アレルゲン蛋白質Cry j 1およびCry j 2のマウスT細胞エピトープペプチドを用いた特異的免疫療法に関する研究
2011/10/122901水越弓子NMRによるペプチドリガンドの迅速スクリーニングと構造決定
2011/10/122902唐澤博史遺伝的背景を利用した新しい2型糖尿病マウスモデルの作製と解析
2011/11/092903鈴木裕一新規脳神経選択的電位依存性カルシウムチャネル阻害剤の分子設計・構造活性相関と合成研究
2011/11/092904綿引智成TRPV1受容体拮抗薬の疼痛治療薬としての有用性に関する薬理学的検討
2011/12/072905石山順一遊離脂肪酸によるマクロファージスカベンジャー受容体の発現制御とその機序に関する研究
2011/12/072906高橋秀樹アルツハイマー病動物モデルにおける非競合型BACE1阻害剤TAK-070の効果に関する病理学的・行動学的検討
2012/01/112907西尾幸博α位にアミノ基を有するピロール誘導体の合成反応の開発と新規なDPP-IV 阻害薬の創出
2012/02/082908千田昇移植医療におけるiNOSの関与
2012/03/072909丸岡博選択的P2Yアゴニスト及びアンタゴニストの探索研究
2012/03/072910中村壮史Studies of the Interactions between Peptides and the Cell Membrane using Nuclear Magnetic Resonance Methods = 核磁気共鳴法を用いたペプチドと細胞膜との相互作用解析=
2012/03/072911橘達彦薬物間相互作用予測 ―肝臓および小腸中阻害剤濃度の考慮―
2012/03/072912髙島忠之ヒト肝胆系輸送に関わる薬物トランスポーターのin vivo機能評価PETプローブ15R-[11C]TIC-Meの開発
2012/03/072913小平浩史Development of predictive method of unbound brain concentration of central nervous system drugs for drug discovery screening (創薬スクリーニングを指向した脳中遊離型薬物濃度予測法の開発)
2011/09/272914施世良
Shi-Liang Shi
Development of Cu(I)-Catalyzed Asymmetric Construction of Chiral Tertiary Alcohols and Dihydropyranones (一価銅触媒による3級アルコールおよびジヒドロピラノン類の不斉合成)
2011/09/272915藤澤貴央筋萎縮性側索硬化症においてSOD1変異が細胞毒性を発揮する共通の分子機構
2011/09/272916ウー チョンヨン
Chunyong Wu
Investigation of Blood-Brain Barrier Transport Based on the Modeling and Simulation of Receptor Occupancy of D2 Antagonists in Human Brain (D2アンタゴニストによる受容体占有率および脳内動態解析に基づいたヒト血液脳関門薬物透過機構の解析)
2012/02/082917シャーラー ワレデャニ
Sara Wardhani
Early Network Oscillations in Developing Amygdala(発達期扁桃体における初期ネットワーク振動の解析)
2012/03/222918青山惇Liver X Receptor (LXR)リガンドの構造展開によるTransrepression作用選択的リガンドの創製 = Design, synthesis and evaluation of the transrepression-selective ligands, utilizing LXR ligands
2012/03/222919安保真裕過酸化水素検出蛍光プローブの開発 = Development of a fluorescence probe for hydrogen peroxide
2012/03/222920伊藤瑞恵ヤマトリカブト培養根を用いたアコニチン系アルカロイドの生合成研究 = Biosynthetic Studies of Aconitine-type Alkaloid in the Cultured Roots of Aconitum japonicum
2012/03/222921岩崎浩太郎(-)‐Chartelline Cの合成研究 = Synthetic Studies on (-)-Chartelline C
2012/03/222922梅﨑智(+)-リゼルグ酸の合成研究 = Synthetic Studies on (+)-Lysergic Acid
2012/03/222923黄色大悲タンパク結合を制御原理とした新規近赤外蛍光プローブの開発と応用 = Development and Application of Near-infrared Fluorescence Probes Based on Binding Affinity Modulation of Squarylium Dye Scaffold
2012/03/222924川口充康NPP familyを標的とした創薬化学研究 = NPP Family-targeted Drug Discovery
2012/03/222925北原克志スピロトリプロスタチンAの全合成 = Total Synthesis of Spirotryprostatin A
2012/03/222926坂部雅世分子内閉環・開環反応を蛍光制御原理に用いた新規プロテアーゼ活性検出蛍光プローブの開発および臨床診断への応用 = Development of highly sensitive fluorescence probes based on intramolecular spirocyclization to detect protease activity and its medical applications.
2012/03/222927鈴木優太チオアミドを求核剤として用いた触媒的不斉炭素-炭素結合形成反応の開発および医薬品合成への応用 = Catalytic asymmetric carbon-carbon bond formation reaction of thioamide and its application to the synthesis of harmaceutical compound
2012/03/222928田中雄太不斉四級炭素構築型α,β-不飽和カルボニル化合物に対する触媒的不斉シアノ共役付加反応の開発 = Catalytic Enantioselective Construction of β-Quaternary Carbons via a Conjugate Addition of Cyanide to β,β-Disubstituted α,β-Unsaturated Carbonyl Compounds
2012/03/222929塚田真介官能基に基づくアダマンタン誘導体の植物変換の差異に関する研究 = Studies on the difference of the functional groups on the biotransformation of adamantane derivatives using plant cell suspension culture
2012/03/222930杜垚
Yao Du
Catalytic Asymmetric Michael-Type Reaction via Decarboxylative Nucleophile Generation (脱炭酸による求核剤の生成を経た触媒的不斉Michael型反応の開発)
2012/03/222931藤間達哉(+)-Manzamine A 及びEcteinascidin 743 の全合成研究 = Total Synthesis of (+)-Manzamine A
2012/03/222932西村拓也(+)-Lyconadin A 及び類縁体の全合成 = Total Synthesis of (+)-Lyconadin A and Its Analogs
2012/03/222933二田原達也anti選択的触媒的不斉ニトロアルドール、ニトロマンニッヒ型反応の開発及び抗インフルエンザ薬Zanamivir合成 への応用 = Developments of anti-selective catalytic asymmetric Nitroaldol and Nitro-Mannich type reaction, and their application to enatioselective synthesis of Zanamivir.
2012/03/222934三澤隆史PFIC2の原因となる変異型BSEPの機能を修正する新規小分子の発見と構造展開 = Discovery and Structural development of novel small molecules that improve the function of BSEP mutants responsible for PFIC2
2012/03/222935山川貴之Acutumineの合成研究 = Synthetic Studies on Acutumine
2012/03/222936梅本良IQGAP1のactin認識機構の解明 = Elucidation of the actin recognition mode of IQGAP1
2012/03/222937安川淳一朗黄色ブドウ球菌MvaAタンパク質のペプチドグリカン合成への寄与 = Identification of temperature-sensitive mvaA mutant of Staphylococcous aureus that are defective in peptidoglycan biosynthesis
2012/03/222938幾尾真理子薬剤耐性黄色ブドウ球菌MRSAの病原性抑制機構の解明 = An inhibitory mechanism of virulence in methicillin-resistant Staphylococcus aureus (MRSA)
2012/03/222939石井健一カイコにおける昆虫サイトカインによる自然免疫制御機構の解明 = Insect cytokine regulates innate immune responses in the silkworm Bombyx mori.
2012/03/222940内田安則細胞内ホスファチジルセリンによる膜輸送制御機構 = The function of intracellular phosphatidylserine in membrane traffic
2012/03/222941蛯原有紗神経組織特異的に発現する低分子量G蛋白質Di-Rasの生化学的性状の解析 = Analysis of the biochemical properties of Di-Ras, a neuron-specific Ras-family GTPase
2012/03/222942大前陽輔黄色ブドウ球菌の分泌毒素が自己の移動能力を抑制する = Secreted toxins inhibit colony spreading in Staphylococcus aureus.
2012/03/222943鈴木美穂癌転移における細胞接着分子CD44 の分子基盤の解明 = Molecular mechanisms of CD44-mediated cancer metastasis
2012/03/222944田埜慶子Long noncoding RNA, MALAT-1によるがん進行メカニズムの解析 = Functional analysis of MALAT-1, a long noncoding RNA, on cancer progression
2012/03/222945徳永裕二MAP キナーゼ p38αの動的機能制御機構の解明 = Dynamic Functional Regulation of MAP Kinase p38α
2012/03/222946豊永翔電位依存性プロトンチャネルHv1のN-arachidonoylethanolamineによる活性化機構の構造生物学的解析 = Structural analyses of the activation mechanism of voltage-gated proton channel Hv1 through the interaction with N-arachidonoylethanolamine
2012/03/222947花田雄一カイコの体液タンパク質ApoLpによる黄色ブドウ球菌の病原性抑制機構の解明 = Silkworm ApoLp protein inactivates Staphylococcus aureus the sae two-component system via binding lipoteichoic acid
2012/03/222948平田祐介線虫C. elegansを用いた生体膜環境変化に対する応答機構の解明 = Heat shock and decreased membrane unsaturation: stress inducers triggering a novel signaling cascade.
2012/03/222949堀裕次G蛋白質Arl13bの繊毛局在化におけるパルミトイル化修飾の役割 = A role for palmitoylation in ciliary targeting of G-protein Arl13b
2012/03/222950堀江亮医薬品探索系としてのカイコの利用 = Usefulness of silkworm as a drug discovery system
2012/03/222951松田真治線虫C. elegans を用いた高度不飽和脂肪酸含有リン脂質の機能解析 = Functional analysis of polyunsaturated fatty acid-containing phospholipids in C. elegans .
2012/03/222952宮﨑真也糖尿病宿主に対する黄色ブドウ球菌の病原性発現機構の解明 = Elucidation of molecular mechanism of Staphylococcus aureus pathogenesis in diabetic hosts.
2012/03/222953玉木啓文医薬品の名前と外観類似に基づく取り違えリスクの定量的評価指標の構築 = Development of quantitative similarity measures of drug names and package appearances for evaluating the risk of drug confusion
2012/03/222954池淵祐樹薬物誘発性肝障害発症の非遺伝的要因に基づいた危険性評価 = Evaluation of the risks for drug-induced liver injury based on multiple non-genetic factors.
2012/03/222955宇佐美篤ドパミンによる線虫C. elegansの自発的な運動方向交替の調節 = Dopamine regulates spontaneous switching of moving direction in C. elegans
2012/03/222956大木優フェニルピペリジン型γセクレターゼモジュレーターの作用標的と機序の解明 = The mechanism of action of phenylpiperidine-type gamma-secretase modulators
2012/03/222957加藤卓也パルミトイル化修飾によるABCG1の機能制御機構の解析 = Analyzing the regulation mechanism of ABCG1 function by palmitoylation
2012/03/222958上川路翔悟家族性パーキンソン病に連鎖した変異によるLRRK2機能異常の解析 ~自己リン酸化に着目した細胞内LRRK2活性の検出 ~  = Characterization of in cell autophosphorylation of LRRK2: abnormal upregulation by mutations linked with familial Parkinson's disease
2012/03/222959小沢政成肝再生過程におけるG1後期細胞内応答の解析 = Intracellular responses of hepatocytes in late G1 phase during liver regeneration
2012/03/222960高木穏香Presenilin 1の構造活性相関解析に基づくγ-secretase活性制御法の開発 = Development of inhibitory antibody based on structure-activity relationship of presenilin 1
2012/03/222961沈慧蓮
Hui Lian Shen
恐怖反応の復元に関わる神経機構の解明 = Pharmacological and histochemical analysis of fear reinstatement
2012/03/222962中原聡一郎てんかん原性獲得におけるcAMPの役割 = The role of cAMP in the epileptogenesis
2012/03/222963丸山順一ASK3-p38 MAPK経路を介した新たなリン酸化によるWNK4-NCCシグナル制御機構の解析 = Analysis of the regulation mechanism of WNK4-NCC signaling by the ASK3-p38 MAPK pathway-mediated novel phosphorylation
2012/03/222964宮島真理アロマターゼ阻害剤の中枢移行性を規定する諸要因の解析 = Investigation of the Factors Affecting Distribution of Aromatase Inhibitors in the Brain
2012/03/222965山内翔太Fcγ受容体を介した貪食作用のミオシン II による制御機構の解明 = A role for myosin II in Fcγreceptor-mediated phagocytosis
2012/03/222966張珺瑋Study of mRNA dynamics during stress in living cells (ストレス環境下における生きた細胞内のmRNAダイナミクスに関する研究)
2012/03/222967小幡史明ショウジョウバエカスパーゼ活性化変異体のメタボローム解析 = Metabolomic analysis of drosophila apaf-1 mutant
2012/03/222968藏品良祐大腸マクロファージによる腸内常在細菌の認識と炎症応答の抑制 = Recognition of intestinal bacteria and suppression of inflammation by colonic lamina propria macrophages
2012/03/222969関根清薫糖核酸トランスポーターMeigoによる神経突起ターゲティング制御機構の遺伝学的解析 = Genetic analysis for the molecular mechanism of neuronal wiring regulated by nucleotide sugar transporter
2012/03/222970武石明佳組織傷害時に誘導されるカスパーゼ活性化を介した生体防御機構 = Caspase activity is required for systemic reaction against tissue injury
2012/03/222971長友優典A Study Towards Total Synthesis of Ryanodine (リアノジンの全合成研究)
2012/03/222972野々村恵子アポトーシスによるほ乳類脳初期発生動態の制御 = Regulation of the mammalian early brain development by apoptosis
2012/9/122973渡部由香日本の新薬開発における遅れのメカニズムに関する研究
2013/3/252974君嶋敦oxycodoneの全合成研究
2013/3/252975安達庸平ヒストリオニコトキシンとダフェニリンの合成研究
2013/3/252976市川裕樹酵素活性を認識して選択的細胞死を導く機能性光増感剤の開発
2013/3/252977大金賢司変異NPC1のフェノタイプを修正するステロール誘導体の創製、ならびにNPC1の新規ステロール結合部位の発見
2013/3/252978小椋章弘Anisatin及びYuzurimineの全合成研究
2013/3/252979木村美紀海綿Discodermia calyxに含まれる新規ペプチド化合物の探索
2013/3/252980木村康明Development of a Catalytic Aminoalkynylation Reaction to Unprotected Aldoses for the Efficient Synthesis of Carbohydrate Derivatives
(糖誘導体の効率的合成を指向した無保護のアルドースに対する触媒的アミノアルキニル化反応の開発)
2013/3/252981許応傑
Xu, Ying-Jie
光学活性含窒素化合物の触媒的不斉合成法の開発と生物活性化合物合成への応用
2013/3/252982篠倉潔硫化水素 (H2S) 選択的蛍光プローブの開発とその応用
2013/3/252983高須典明鉄触媒を用いたアミン類の酸化的3位官能基化反応
2013/3/252984武智翔触媒的不斉四置換炭素構築型反応を用いたSPT阻害剤の効率的合成法の開発
2013/3/252985千代田幸治N-Methylwelwitindolinone C isothiocyanateの合成研究
2013/3/252986中村政彦新規創薬テンプレートによる生理活性物質の創製研究
~抗HCV薬および核内受容体RORリガンドの創製~
2013/3/252987野尻明宏適時構造変化による適時機能変化型触媒の開発研究
2013/3/252988古舘信タミフルの形式合成および触媒的炭素骨格構築法に関する研究
2013/3/252989丸山慶輔転写制御を志向した化合物の効率的創製
-ジフェニルメタン骨格による展開-
2013/3/252990小澤新一郎Gating modifier toxinによる電位依存性カリウムイオンチャネル阻害の構造基盤
2013/3/252991春日秀文インスリン経路によって発現調節され芽細胞群の栄養応答性休眠を制御するmicroRNA mir-235
2013/3/252992久保智史バイオリアクターを用いた in-cell NMR 法による細胞内タンパク質間相互作用の観測
2013/3/252993齊藤祐樹メチシリン耐性黄色ブドウ球菌が持つ病原性抑制機構に関する研究
2013/3/252994田中陸人IRE-1 regulates saturated fatty acid metabolism under PUFA-depleted condition in C.elegans
(小胞体ストレス応答分子ire-1による脂肪酸恒常性維持機構の解明)
2013/3/252995谷友香子Roles of eosinophils in the resolution of acute inflammation
(好酸球による炎症収束促進機構についての解析)
2013/3/252996沼田俊介黄色ブドウ球菌におけるRNA 3'-末端構造変換を介した遺伝子発現制御に関する研究
2013/3/252997アトミカ パウデル 
Atmika, Paudel
Mechanistic analysis of novel therapeutically effective antimicrobial agents identified using silkworm bacterial infection model
(カイコ細菌感染モデルを用いて同定された治療効果を示す新規抗菌薬の機能解析)
2013/3/252998前川大志Regulation of macropinocytosis by PIPs metabolism
(PIPs代謝によるマクロピノサイトーシスの制御機構)
2013/3/252999間瀬瑶子G蛋白質αサブユニットによるシグナル伝達制御機構の構造基盤の解明
2013/3/253000横倉良行Identification of a novel anti-inflammatory mediator derived from docosahexaenoic acid and its application to the allergic airway inflammation model
(ドコサヘキサエン酸由来の新規抗炎症性代謝物の同定及びアレルギー性気道炎症モデルへの適用)
2013/3/253001佐藤大作新医薬品市販直後の安全性と処方行動に関する研究
-DPP4阻害薬と経口糖尿病薬の処方箋データ解析 -
2013/3/253002林邦彦創薬におけるバイオマーカーの役割
-患者層別マーカーが医薬品の研究開発に与える影響-
2013/3/253003青木重樹骨芽細胞に発現するRANKLは破骨細胞由来エクソソームを受容し、骨形成促進に関与する
2013/3/253004伊藤澄人MATE阻害剤pyrimethamineを用いた腎臓におけるカチオン性薬物排出輸送機構の定量的解析
2013/3/253005片桐一美TRIM48 による ASK1 活性制御機構と酸化ストレス応答における生理機能の解明
2013/3/253006功刀隼人トランスジェニックショウジョウバエを用いた筋萎縮性側索硬化症病因遺伝子FUSによる神経変性機構の解明
2013/3/253007佐條麻里虚血後の歯状回顆粒細胞層の構造異常
2013/3/253008鈴木邦道シナプス接着分子Neuroliginの切断と機能的意義の解析
2013/3/253009田尾賢太郎乳幼児期の経験依存的な神経回路形成が成体期に及ぼす行動学的影響
2013/3/253010竹尾浩史フェニルイミダゾール型γセクレターゼモジュレーターの標的と作用機序に関する解析
2013/3/253011田中智弘CLAC-P/Collagen type XXVは骨格筋内での運動ニューロン軸索誘導に必須である
2013/3/253012橋川浩一味覚連合学習に関与する扁桃体における神経活動の解明
2013/3/253013畑中良翻訳抑制時における脱アデニル化酵素のASK1活性化因子としての機能解析
2013/3/253014服部一輝褐色脂肪細胞の成熟におけるASK1の新規機能解析
2013/3/253015本間謙吾亜鉛欠乏時に働く生理的小胞体ストレス誘導スイッチとしてのSOD1の新規機能
2013/3/253016増尾友佑リポタンパク質による脂溶性ビタミンの体内動態制御とその異常による病態発症に関する研究
2013/3/253017水沼未雅海馬における記憶再生の神経回路基盤
2013/3/253018南澤玄樹マウス一次視覚皮質における方向選択性の可塑的変化
2013/3/253019佐久間知佐子新規蛋白質Dogiによる初期エンドソーム成熟を介した軸索伸長機構の解明
2013/3/253020石井明奈アレルギー応答におけるマクロファージガラクトース型C型レクチン(MGL/CD301)の役割
2013/3/253021石山備凡Synthetic Study of Highly Oxygenated Agarofuran Natural Products
(高酸化度アガロフラン系天然物の全合成研究)
2013/3/253022伊藤寛晃Synthesis, Structural Permutation and Functional Analysis of Polytheonamide Mimic
(ポリセオナミドミミックの合成・構造改変・機能解析)
2013/3/253023白明慧
Bai, Minghui
Assembly mechanisms of specialized subtypes of the 20S core particle and the lid subcomplex of the proteasome
(プロテアソームの特殊型20Sコア粒子および蓋部の分子集合機構の解明)
2013/3/253024藤平陽彦エボラウイルス糖タンパク質に対する糖鎖修飾制御
2013/3/253025星川環Development of Photochemically Induced Direct Transformation of C(sp3)-H Bonds
(光化学を利用したC(sp3)-H結合の直接的変換反応の開発)
2013/3/253026村井耕一Study Towards the Total Synthesis of Resiniferatoxin
(レジニフェラトキシンの全合成研究)
2013/3/253027明銘
Ming, Ming
Genetic control of autoimmune activaiton in Drosophila apoptosis-deficient mutatns
(ショウジョウバエ細胞死変異体に見られる自己免疫反応の遺伝学的解析)
2013/3/253028吉田綾子マウス神経発生後期におけるカスパーゼ活性の生後脳発達への寄与の解明
2012/4/113029益田勝吉質量分析法による免疫グロブリンGの糖鎖解析に関する研究
2012/6/203030安藤尚基2-アミノイミダゾール骨格を有する天然有機化合物及びその類縁体の合成研究
2012/7/113031寺井琢也生物応用を目指した希土類発光プローブの合理的開発
2012/9/123032藤原雄二Development and applications of a new chiral phosphepine for catalytic asymmetric reactions
(新規キラルホスフィンの開発とその触媒的不斉合成反応への応用研究)
2012/10/103033望月明慶活性化血液凝固第十因子阻害剤の合成研究
2012/10/103034清水洋成回虫成虫ミトコンドリア複合体Ⅱ(ロドキノール:フマル酸還元酵素)の結晶構造解析
2012/10/103035家田成(-)-FR901483の全合成
2012/10/103036瀧田哲志カイニン酸の実用的合成
2012/10/103037村井則夫新規ヒドロキシメチル化反応および1級アミノメチル化反応の開発
2012/10/103038力丸健太郎リガンド-タンパク複合体構造情報に基づくアシルスルホンアミド系PPARγ作動薬の分子設計と合成
2012/12/53039礒山翔新規PI3K阻害剤ZSTK474の耐性因子の同定とその治療への応用
2012/12/53040鈴木雅動脈硬化および炎症におけるマクロファージの役割に関する研究
2013/2/133041髙山英士LARGE-SCALE OVEREXPRESSION OF HUMAN MEMBRANE PROTEINS FOR STRUCTURE AND FUNCTION STUDIES
(ヒト膜蛋白質の大量機能発現技術の開発)
2013/2/133042久保淑長時間作用型インフルエンザ薬ラニナミビルオクタノエイト(CS-8958)の研究―その発見と特性―
2013/2/133043土田琢磨脂質代謝に着目した肥満・2型糖尿病の新規治療薬剤および創薬ターゲットの評価
2013/2/133044渡邉知倫FBL2によるアミロイド前駆タンパク質のユビキチン化を介した代謝調節機構に関する研究
2013/3/83045鈴木尚之新規EGFR・Her-2デュアル阻害剤の創薬研究
2013/3/83046磯部洋輔Identification of resolvin E3 as a novel EPA-derived anti-inflammatory lipid mediator
(エイコサペンタエン酸由来の新規抗炎症性代謝物レゾルビンE3の同定)